のんびり英語育児実践中☆バイリンガルへの道は順調?!6才英検2級、10才準1級、10才TOEIC870
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
幼児が英検受験することの賛否両論(3)

こんな出来事があってふと思ったのは、本人がやりたければ
英検を受けさせてもいいんじゃないかなあって。

親が嫌がる子どもに無理やりさせたり、親のエゴのためにさせるのであれば
やめたほうがいい。本末転倒ですから。

それから、おこさまもそれぞれ個性がありますから、
こんなのいやだ!って言う子もいると思います。

ただうちの子の場合、彼の性格に合った英語遊びだったというだけ。



例えばもし問題を全問正解できたとしても、

  親と離れることができないかもしれない
  大勢のお兄ちゃんお姉ちゃんのなか、びっくりして受験できないかもしれない
  じっと座っているのが苦手かもしれない
  鉛筆でマークシートをうまく塗れないかもしれない


みんなそれぞれ、英検を受けるのにぴったりの時期が自然にやってくると思うんです
それはやっぱりいつも一緒にいるお母さんお父さんがよく知っている。

。。ただ、一般的に見ればこんな小さい頃から英検のお勉強をさせて。。かわいそうに。。
と見られるんだと思い知らされました

テストのために必死にお勉強させたことは全くないんですけど、やっぱそういう風に映るんですね
この出来事は英検受験の体験談で書きたいと思います





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
page top
幼児が英検受験することの賛否両論(2)
その数日後。。。
ゴミ箱行きになるであろう、その英検5級の過去問をyuが見つけて一言。

「ねえねえ、これなーに??」 

で、この英語おかしいねえ、なんてぶつぶつ言いながら、読み始めたんです。
あ、そうか!yuにとったらこれはテストじゃなくて、絵本遊びなんだ!と気づいてそのまま黙って様子見

間違い探し、迷路、絵本が大好きな息子にとって、
この英検のテストはそれらの遊びの延長だったみたいです。

飽きもせず、楽しそうに30分ほどにらめっこしてました

目からウロコとはこのことなんですね
yuは「英文法」ましてや英語の「勉強」なんて知らない。
でもなんだかこの文章は変だな~って感覚で解いていってるんですね。

日本の子どもだって「私に学校と行きます」と「私は学校へ行きます」
どっちがおかしいかすぐわかるけれど、なんでか説明できない。
そんな感覚。。

次の日もまた過去問を見ているyuに聞きました
「ねえねえ。これおもしろいの??」
「うん!たのしー!!」 


そこまで言うなら。。と簡単にやり方を教えてあげて、えんぴつを渡してしばらく放置。
家事をしつつ横目でちらちら。あれよあれよと解いていきました


→(3)続きます





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
page top
幼児が英検受験することの賛否両論(1)
小さい子が英検を受けることに違和感を覚える方もいれば、
受験されるかたもいます。

実は、私も小さい子に英検は必要だろうか。。と
疑問に思っていたひとりです。
どちらかというと拒否反応ぎみでした。。。

椅子にじっと座って黙々とテストを受ける。
英語は話せるようになるのが目標なので、こんなもの必要なーい。

英検はつらい受験のような印象があったんですね。

でもあるブロガーさんの記事を読んだんです。
ネイティブの子どもだって文法の勉強はしているってこと。

「あ、っそうかあ。たしかに日本人だって話すだけじゃなくて、国語の勉強してたなー」って。

でもそこでまたある疑問が私にふってきました。
「でもだからって、幼児には必要ないんじゃないの

私は英検を受けたことがありません。
一度英検HPで過去問をダウンロードしてみました。
「うーん。。。やっぱり必要ないかなあ。わかんないなあ」


(2)続きます→




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
© 英語で子育て日記♪目指せバイリンガル. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。